Blog
ブログ

2018/9/11 12:00

庭をもっとおしゃれに! 秋ならではのガーデニングの楽しみ方を紹介

四季のそれぞれで表情が変わるお庭。春夏秋冬でそれぞれの楽しみ方があるでしょう。

春は新しい植物の芽吹きを目と鼻で楽しみ、夏は鮮やかに色づく野菜をBBQでいただく、秋はウッドデッキの上でゆったりと虫の鳴き声に耳を澄まし、冬ははらはらと落ちる枯れ葉に風流を感じる。

日本独特の四季は、まさに庭づくりの醍醐味といっても過言ではありません。
今回はこれからやってくる秋に適した庭のカタチをご提案。庭を変えれば、毎日の夜長が充実します。

ぜひお庭をリフォームして家族みんなが快適に過ごせる空間をつくりましょう。



■秋のお庭にうってつけの植物をご紹介



秋の植物といえばコスモスでしょう。漢字にすると「秋桜」。秋口に合わせて美しい花を咲かせます。

コスモスを植える場合は「寄せ植え」がおすすめ。生花店には苗ごと打ってあり、手軽に手に入ります。コンテナなどに寄せ植えしてあげることで、お庭のなかでも特に存在感を発揮してくれるのが魅力的。秋の涼風にそよそよと揺れるさまは、色とりどりの貴婦人がダンスを踊っているような優雅さを感じます。

なお、お好みによってカラーリングを選べるのも魅力。「秋桜」と書くくらいですから、ベースはピンクです。花言葉は「乙女の純潔」。可憐な表情そのままの美しい花言葉ですね。

なお、赤は「乙女の愛情」、黄色は「幼い恋心・野生的な美しさ」。白は「優美・美麗」、黒は「恋の終わり・思い出・変わらぬ想い」とそれぞれに表情があります。


■種まきに適した秋だからこそ、その他の植物もおすすめ



コスモスは代表的な秋の草花ですが、もうひとつ、秋のガーデニングでおすすめなのが「来春に向けてのお庭づくり」。千葉市であれば、日中の最高気温が25℃くらいになる9月中旬ごろが種子まきのベストシーズン。人気のハーブ類などもこの時期に種まきをしましょう。

ティーエムアドヴァンスは千葉県千葉市にオープンガーデン・Mafola Gardenを運営しています。秋に人気の植物などをインスタレーション形式で実際に見られるので、疑似体験できるでしょう。またご質問いただければ、実際の育て方のポイントや疑問点についてもお答えします。



■夜のお庭を優しい光で照らしてくれるガーデンライト



また秋の月明かりとともに、注目したいのがガーデンライトです。ぼんやりした優しいあかりは幻想的。ホッと一息落ち着けるような雰囲気を演出してくれます。日暮れの時間が延びる秋だからこそ、ガーデンライトは存在感を発揮してくれるのです。

ガーデンライトにはぜひソーラーライトを設置しましょう。太陽光の力で電力をためるので、電源ケーブルが要らないうえにランニングコストも掛かりません。コストや設置場所に制限が無いので、もっと自由に理想のお庭を演出できるのです。


■おすすめのガーデンライト



ライトは照らしたい場所によって、いくつかの種類に分けられます。
ここでおすすめのガーデンライトをご紹介しましょう。


1.ポール灯タイプ
低い場所に設置するライトです。家族が帰宅するときに足元を照らしてくれる効果があります。

2.ブラケットタイプ
お庭に設置する間接照明です。好きな場所を優しい光で照らしてくれるので、雰囲気たっぷりのおしゃれな空間を演出できます。

3.スポットライトタイプ
お気に入りのエクステリアや植物を集中的に照らしてくれるライトです。見せたい部分に視線を誘導することで、逆説的に見せたくない部分を隠す効果もあります。


千葉市のMafola Gardenには、このほかにもお庭を照らす照明や壁面の照明、池を照らす照明などあらゆる種類のライトを展示しております。実際に設置したときの見え方が分かるのがメリット。体験したうえでお気に入りのひと品を導入しましょう。



■おしゃれな秋のお庭をつくりたい方はMafola Gardenまで



自宅のお庭を秋に向けてリニューアルしたい方はMafola Gardenにお越しください。インスタレーションでお庭の例を公開していますので、まるで自宅のように疑似体験できるのが魅力です。

「興味があるけど何からしていいかわからない」「どのような仕上がりになるのか、画像だけじゃ分からない」という方におすすめです。

もちろん夕方から夜間も営業中。詳しくはお気軽にご相談ください。