Blog
ブログ

2018/12/3 9:30

「和風の庭園」と「リゾートガーデン」お庭の事例を紹介



お庭は演出する雰囲気に合わせて、導入すべきエクステリアも変わってきます。理想のお庭を見ながらの生活は暮らす家族にとっても心落ち着きますし、生活も豊かになるでしょう。

そこで今回は「和風のお庭」と「リゾートガーデン」の2つについてご紹介

相性がいいエクステリアやメリットについて外構のプロとしての目線で解説します。どちらもMafolaGardenで実際に見て質感や雰囲気を感じていただけますので、実際に体感してみたい方は、お気軽にいらしてください。



■外構部分を後回しにしないで



基本的に家では室内での時間が長いこともあり、外構より先に内装を美しく仕上げている方もいらっしゃるでしょう。しかし外構は家にとって大切な部分です。敷地の内外を隔てているので、防犯やプライバシーの面でも大きな役割を果たしますし、来客の方がイチバンはじめに見る部分ですので、デザインに気を使うことで家族の第一印象を高めてくれます。

また演出したい雰囲気に合わせてエクステリアを配置することで、住まいに一体感が生まれるばかりか、住まう方にとっても快適な日々を送れるようになるでしょう。

では具体的にどのようにつくれば良いのか。事例を見ていきましょう。



■癒し効果抜群の「和風庭園」



日本的な雰囲気でゆったり落ち着きたい方におすすめしたいのが和風庭園です。日本で暮らし、風土が染みついているからこそ、派手じゃない静謐な空気に包まれた日本庭園はおすすめしたい設備です。

日本には四季があり、それぞれに旬を迎える草花があります。春には梅や桜が花を咲かせ、夏にはひまわりが顔を上げる。秋は紅葉が散る様に風流を感じ、冬は翌年の春に向けて準備を整える植物に生命を感じるなど四季折々の楽しみ方があるでしょう。



エクステリアとして盆栽やししおどしを設けると、さらに雰囲気が高まります。特にししおどしは音によっても安らぎを得られるので、おすすめしたいエクステリアです。

西洋では、水を使ったエクステリアに「噴水」があります。一方の日本はししおどし。噴水と違って音が鳴らない時間を楽しめます。「わびさび」のある、癒やしのエクステリアなのです。

日本独特な四季を感じることができるお庭。
草花を植えて楽しんだり、盆栽やししおどしを設置して本格的に作ったりすることもできます。日本ならではのわびさびを感じられ、心からやすらぐでしょう。実際に和風庭園にはヒーリング効果があるといわれています。仕事や育児の疲れを癒すためにも、効果が期待できるお庭です。



■リゾートガーデンで非日常感を楽しむ



テラスやプール、ウッドデッキのうえにはテーブルとデスクを置いて、非日常感を楽しむ……。まるで高級ホテルのような暮らしが自宅でもできます。かつては子どもたちが遊んでいた空間も今では使われなくなったと考えているお客様におすすめしたいプランです。

自宅のお庭に設置すると、周りとは明らかに違う優越感に浸れるでしょう。また毎日の生活が豊かになることは間違いありません。華やかになりますし、なかなか味わえない非日常感がフランクに手に入ります。



友人家族を大勢呼んで、プールサイドのテーブルに料理やお酒をならべて、ホームパーティーなんて光景は映画のなかだけと思っていませんか? スペースさえあれば、あなたのお庭にも設置できるのです。海外セレブのような暮らしに憧れる日本人は現在、増えています。



■和風庭園やガーデンテラスを導入したい方はMafola Gardenまで



千葉県千葉市のオープンガーデン・Mafola Gardenでは和風庭園とリゾートガーデンの両方を実際に見たり使ったりできます。写真のイメージや設備単体ではなかなか暮らしをイメージできないでしょう。

実際に暮らしたような感覚でエクステリアを見られるのはオープンガーデンならではのメリットです。大きなお買い物だからこそ「自宅に取りいれたい」とお考えの方は、Mafola Gardenで一度体験することをおすすめします。