Blog
ブログ

2019/1/21 13:00

ガーデニングの計画を立てる方法



一年の計は元旦にあり。
勉学や仕事、趣味などあらゆるジャンルで計画を練るでしょうが、ガーデニングも同じです。1月からしっかりとプランを組み立てることで、季節ごとに表情を変える美しい庭園ができあがります。

今回はガーデニングのプランニング方法についてご紹介しますので、特にお庭にこだわりを持っている方は参考になさってください。



■ガーデニングの計画を正しいステップで考えよう

アイディアを考える段階から業者に発注するフェーズまでを、ステップごとにご紹介します。

1.2019年にやってみたいガーデニングを考える


既に庭づくりに慣れていらっしゃる方は、過去のガーデニングを踏まえてつくってみたいお庭のカタチが、なんとなく頭にあるでしょう。また反省点もあると思います。植物を植えるのに適している場所や、置いてみたいエクステリア、大まかなデザインなどがイメージできるのではないでしょうか。

そこでウッドデッキやサンルームのような建造物と、庭木や草花を分けて書き出してみましょう。月ごとにカレンダーに書き込むと分かりやすくまとまります。


2.建物の景観に合っているかを考える
お庭も住まいの一部です。エクステリアや植物の色合いなどによってはミスマッチな配色になり、演出したい雰囲気が崩れてしまう可能性もあります。必ず自宅の外壁や屋根などのムードを加味したうえで計画を見直しましょう。


3.図面を書いてみる


どこに何を設置するか。またはどのように模様替えするのかのデザインを図面に書いてみましょう。後に業者に依頼する際も、分かりやすく伝えられると思います。


4.必要なアイテムをそろえる
季節ごとの目標が決まったら、必要なアイテムを書き出しましょう。デッキの材料、新しいガーデンアクセサリーなどはネットで買っても遜色ないかもしれません。

しかし苗木や植物は、実際に手に取って選定することをおすすめします。きちんと年間計画に沿って購入できるように、カレンダーにメモすることをおすすめします。

5.場合によっては業者に依頼する


大型のエクステリアを設置する際はプロの業者にお任せする必要があります。造園・外構工事の業者に連絡しましょう。その際は事前に書き出した簡単な図面を見せるとイメージが具体的に伝わりますので、ぜひ活用しましょう。



■計画通りにいかない場合は来年の課題にしよう


元旦の計画通りにはいかないケースもあります。その際はなにが悪かったのか、どうして問題が発生したのかなどを考えて、2020年の課題にしましょう。

千葉市にあるMafola Gardenでは実際に人気の植物を植えた庭を見ていただくことができます。お庭造りや植える草花に関するご質問は、フォーム・お電話などでお気軽にお問い合わせください。