Blog
ブログ

2019/5/20 14:00

屋外にもリビングを!自宅にくつろぎ空間が生まれるアウトドアリビング



日々時間に追われて仕事をしていると、休日にはオンとオフを切り替えて、ゆっくり息抜きをしたくなりますよね。

共働きの家庭は年々増加しており、東京・千葉・神奈川などの首都圏では45%以上、全国の半数以上の県で50%を超えています。昔に比べて、仕事に家事・育児にと、毎日忙しく過ごす家庭が増えているのです。住環境研究所のアンケートで、共働きの子育て世帯に「理想の休日」をたずねたところ、「自宅で家族とゆっくりしたい」が一番多い結果になりました。

そこで今回は、仕事と家事の両立で忙しい日々でも、自宅でゆったりとくつろげる空間を作る方法をご紹介します。



■アウトドアリビングとは



最近では、自宅を簡単にくつろぎの空間にしてくれるアウトドアリビング人気となっています。カフェのテラス席でよく見る日よけ「オーニング」を庭先やテラスに設置することで、屋外をセカンドリビングとして利用するのです。大きめの屋根のおかげで、強い日差しや紫外線、急な雨も心配いりません。休日に子どもと遊んだり、仲間とバーベキューを楽しんだりと、日常を忘れてリッチな時間を楽しめます。

また、家の中とつながった空間なので、これからの暑い季節でも気軽に外で過ごせます。例えば朝は、アウトドアリビングで優雅に朝食。午前中は子どもがビニールプールで遊ぶ様子を近くのイスで見守り、午後は太陽の光や風を感じながらのおやつタイム。夜にはランタンや照明をつけ、星を眺めたり、お酒を飲んだりと、お風呂あがりにくつろげます。

このように、自宅にアウトドアリビングがあることで、何気ない日常も一気に特別な時間に変わっていくでしょう。



■こだわりのアウトドアリビングの作り方

アウトドアリビングを作るためにおススメなものは

屋根またはオーニング
テーブルやイスなど屋外用の家具

などがあります。



屋外用のイスというと、ポリエステルやスチールなどの、海の家やプールにあるような味気ないものが思い浮かぶかもしれません。しかし近年では、雨風に強く、屋外でも長く使える野外用の家具(ガーデンファニチャー)が各メーカーから発売されています。家の外観やアウトドアリビングのイメージに合わせて、様々なデザインから選べるのです。

メーカーによっては、世界各国のリゾート地や有名ホテルで採用されている家具もあります。アウトドアリビングは生活感が出やすい室内と違って、カフェ風や外国風など、こだわりを持ったレイアウトを実現しやすい空間です。忙しい日々から解放されるくつろぎのスペースを、アウトドアリビングで実現してみませんか。


Mafola Gardenでは、ガーデンファニチャーを屋外・屋内の展示場で見ていただくことができます。当ブログ記事「見て、触れて、感じる。千葉のオープンガーデン「Mafola Garden」とは(http://tm-advance.com/blog/12587)」などでも、何度かご紹介しています。自宅が理想的なくつろぎ空間になるアウトドアリビング、興味を持たれた方は、千葉県千葉市にあるMafola Gardenにぜひ遊びにきてください。