Blog
ブログ

2019/7/1 10:00

自宅をリゾート空間に!簡単にできる家庭用プールのリゾート風コーディネート



暑さが続く夏は、プール付きのリゾートホテルやヴィラで、誰にも邪魔されずにゆっくりと過ごせたらいいですよね。東南アジアのリゾートやアメリカ西海岸など非日常の雰囲気に浸れば、暑さや日々の忙しさからも解放されてリフレッシュできそうです。

実は、そんなリゾート気分を味わえるプール付きの空間を、ご家庭に作る方法があります。今回は、そんな自宅リゾートの作り方のポイントを、テイストごとにご紹介いたします。



■自宅プールでリゾート空間を!



自宅にプールを設置するといっても、どのくらいで作れるのか想像がつきにくい方も多いのではないでしょうか。

家庭用のプールの大きさは、2m×4m前後が一般的です。費用は、サイズにもよりますが約300~500万円で設置できます。

プールにリゾート風の空間を作り出すことで、プールで過ごす時間だけでなくリビングからプールを眺めるなど、1年中リゾート気分を味わうことができるでしょう。

ご自宅の内装やインテリアにこだわるように、脇にテーブルやチェアなどを置いて、プールもお好きなテイストにトータルコーディネートしてみましょう。



■アジアンテイスト風



日本から近くて人気のタイやバリ島、インドネシアといった東南アジアのリゾート風であれば、日本の景色とも馴染みやすく、比較的簡単に取り入れられます。

まず、プール全体をホワイト系で統一します。次に、テーブルやチェアなどのエクステリアを濃い目のブラウンに。その時に、ラタン・バンブー・アバカといったアジアの自然素材テイストのものを選ぶと、より雰囲気を出せます。

野外用の家具(ガーデンファーニチャー)も各メーカーのさまざまなタイプから選ぶことができ、アジアンテイストのものも発売されています。本格的な雰囲気作りをされたい方には、実際に世界各国のリゾート地やホテルで採用されているエクステリアをおすすめします。

最後に、葉が大きめのグリーンを置くことで、ホワイト系が基調でダークブラウンとグリーンがアクセントになった、アジアンリゾート風の空間が出来上がります。

近隣の景観がアジアンテイストにそぐわない場合などにも、グリーンでの目隠しが効果的です。東南アジアに生育しているような種類のグリーンを多く置くことで、よりリゾートの雰囲気を醸し出すことができるでしょう。



■アメリカ西海岸リゾート風



リゾート風の空間を作り出す時の大切なポイントは、カラーです。

アジアンテイストの時と同じようにホワイト系で統一したプールでも、エクステリアをブラウンとブルーで揃えると、ビーチリゾートとして人気のアメリカ西海岸風になります。

さらに、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ポートランドなど海沿いの街をイメージして、海やサーフスタイルのエクステリアを配置すると、より西海岸のイメージに近づくでしょう。プールで使うバスタオルを鮮やかなブルーにするなど、小物をアクセントカラーにすると取り入れやすくなります。プール全体が海の爽やかさを印象づけるような、明るくさっぱりとした雰囲気になるように心がけましょう。

ライトをつければ、海外ドラマのようなプールサイドでのパーティーも実現できます。水中照明を入れると、最近インスタグラムで流行したナイトプールに早変わり。写真撮影もご自宅で楽しめます。



■最新の濾過器(ろかき)でメンテナンスも簡単に!



ご自宅にプールを設置すると、メンテナンスが大変そうだと感じる方もいらっしゃるかと思います。しかし、最近の濾過機(ろかき)は非常に性能が高まっています。何度も水を入れ替える必要がなく、衛生的にきれいな状態を保つことができるなど、大変手軽になっており、年間のランニングコストも3万円ほどで済みます。

さらに、常にプールに水を張っておけば、災害時には非常用水として使用できます。


家庭用プールに興味を持たれた方は、Mafola Gardenの展示場で実際にプールをご覧いただくことができます。濾過機もついており性能を確かめることもできるので、ぜひ見にいらしてください。その他、気になることがありましたらぜひお気軽にお問合せください。