Blog
ブログ

2019/7/16 10:00

空の下に第二のリビングを!自宅でできる理想の癒し空間作り



日常から離れられる癒しの空間が家の中にあったら、忙しい日々でもちょっとした息抜きができて素敵ですよね。

仕事が忙しく旅行などの息抜きが難しい方や、小さなお子様がいて外ではなかなかくつろげないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、気兼ねなくゆったりと過ごせるお家でのリゾート空間作りについてご紹介します。



■ライフスタイルに合わせた理想のスペース作り

リビングを出た先に、リゾート空間が広がっていたら素敵ですよね。大がかりな工事をしなくても、よく知られているエクステリアで憧れの世界を実現することができます。

そのエクステリアが、「ウッドデッキ」です。



ウッドデッキについては、以前ブログでも何度かご紹介していますが、天然木・人工木の2種類があり、夏場でも熱くなりにくいものやお手入れが楽なものなど、多くの種類が出ています。このウッドデッキで作られるスペースを「第二のリビング」と考えることで、ライフスタイルに合わせた様々な理想の空間作りを楽しめます。


カフェテラス風



雨に濡れても大丈夫な素材のガーデンファニチャーを揃えて日除けのオーニングを設置すれば、お庭が外国のカフェテラス風に。自然を感じながら、ランチやコーヒータイムをゆったりとした気分で過ごせます。

リゾートのプールサイド風
リゾート地にあるようなグリーンを植えて、ウッドデッキや目隠しをホワイト系の淡い色にすることで、ホテルのプールサイドのように爽やかな世界観をお庭に作れます。

実際に家庭用プールなどでお子さまが遊ぶ場合には、水に濡れても大丈夫な素材のウッドデッキがおすすめです。

プライベートスペース



グリーンや目隠しをほどこすことで、開放感がありながらもプライベートが守られた場所になります。目隠しによってウッドデッキが狭く感じられる場合は、ウッドデッキやガーデンファニチャーを室内と同じ色味や素材感でまとめてみましょう。リビングとひと続きに見せることで、お庭を実際よりも広く印象づけられます。

昼夜で雰囲気をチェンジ
昼間は、ランチやおやつを子ども達と外で楽しむ場所に。夜はランタンや照明をつけて夜風に吹かれながら夫婦の時間を過ごすなど、昼と夜で違う使い方をすることもできます。



■ウッドデッキでご自宅に第二のリビングを!



ウッドデッキやガーデンファニチャーなどの組み合わせでお好みのリゾート空間を作ることで、ご自宅でいつでも癒しの時間を過ごせるようになります。

MafolaGardenでは、さまざまなデザイン・素材のウッドデッキやガーデンファニチャーを豊富に取り揃えております。ウッドデッキで実現する第二のリビングに興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご相談ください。