Blog
ブログ

2020/2/3 10:00

太陽を味方にして豊かな暮らしへ。サンルームのある日常



自然の恵みである太陽の光は、私たちの心身の健康を支え、生活を明るく豊かにしてくれます。しかし、寒い冬や暑い夏にはどうしてもエアコンの効いた室内にこもりがちになり、太陽の光を浴びる機会が減ってしまいますよね。今回は、そんな太陽の光を日常に上手に取り入れられる、「サンルームのある暮らし」についてご提案させていただきます。



■サンルームとは?



日光をふんだんに取り入れるための、家からせり出したガラス張りの空間のことです。ガラスで覆われているので風雨を防ぐことができ、気密性もあるため居室としても使用できます。目的に応じたデザインが選べ、中には前面を開放して庭とリビングを一体にさせるようなサンルームも。ガラスを通してさし込む日光のおかげで、屋内なのにまるで太陽を独り占めにしているような、魅力的な空間が出来上がります。



■サンルームのある暮らしの例



サンルームは、何気ない日常の時間を素敵に演出してくれます。あふれる太陽の光を満喫するのはもちろん、美しい朝焼けや夕焼けに見とれたり、夜に満点の星空を見上げたり…。雨の日は雨音をBGMにして読書を楽しむこともできる空間です。

サンルームには他にもこんな使い方があります。
・休日に家族で食事と日の光をゆったりと味わう、もうひとつのダイニングルームに
・カフェ風のテーブルセットやソファを置いて自分時間を演出するくつろぎの場所に
・ヨガやストレッチなどを楽しむ運動コーナーに
・子どもの安全な遊び場や室内飼いのペットの自由なスペースに
・天候や虫害に悩まされることのない趣味の家庭菜園に



■サンルームの魅力を満喫するために



サンルームの魅力を最大限に引き出して有効利用するため、心がけたいことがいくつかあります。

まず、夏場のサンルームは高温になりがちです。断熱または紫外線処理したガラス・断熱シートの使用、日陰を作り出すシェードやカーテンの使用など、サンルーム内の温度が上がりすぎないようにあらかじめ対処し、快適度を上げましょう。

また、「何のために使用するのか」というビジョンをしっかり持ってから導入するのも大事な点です。先に目的を決めておくことで、使用目的に合わせて日の当たる時間帯や方角のチェック、部屋の内部の温度調節の方法についても設計前からじっくり業者と話し合うことが大切です。

サンルームは日常に必須のスペースではありません。しかし、人は自然に太陽の光を求める生き物です。目まぐるしい生活の中でほっとできるスペースを持てば、心に余裕が生まれ、生活にハリが出ます。それがサンルームの役割と言えるでしょう。

千葉県千葉市に展示場を構えているMafolaGardenでは、さまざまな外構エクステリアのご紹介をしています。サンルームについても、室内の気温や陽の当たり方などをご確認いただけるよう準備してお待ちしています。サンルーム設置をご検討の方、とりあえずちょっと見てみたいという方もどうぞお気軽にご連絡ください。