Blog
ブログ

2018/5/11 10:00

デザイン別外構のメリット・デメリット

住宅に千差万別のデザイン性が出るように、その住宅を取り囲む外構にも様々な形があります。
大きく分けて「オープン外構」「クローズ外構」「セミオープン外構(またはセミクローズ外構)」の3種類です。

では、それぞれどのような違いがあるのか、メリット・デメリットとともに説明していきましょう。


■開放的な空間を演出するオープン外構

オープン外構とは、住宅の敷地と道路との間に隔たりを作らないエクステリアプランです。つまり塀や門扉などを設置しないプラン。明るく開放的な空間を演出できます。

敷地と道路との境界線を示す手段として、芝生やタイル、石畳などで差別化したり、花壇や樹木を植えて視覚的に区別させたりすることが可能です。自分や家族はもちろん、道行く人にも楽しんでもらえる「魅せる家」に仕上がります。



1.オープン外構のメリット

オープン外構の最大のメリットは開放感があること。
敷地や庭が狭い場合、無理に門扉などを設置すると窮屈に感じますが、オープン外構にするとスペースを無駄なく活用でき、日当たりや風通しも良くなるので、より心地の良い庭先を作れるのです。
さらに、門扉やフェンスなどが要らないので外構工事にかかる費用を抑えられます。


2.オープン外構のデメリット

「魅せる家」は、同時に「見られてしまう家」でもあります。容易に敷地内に侵入できるため、不審者に警戒するのはもちろんゴミや動物の糞の投棄、また草花が荒らされてしまうなどのトラブルが発生するケースも少なくありません。

厳重な防犯対策を整えてから部屋の配置を工夫したり、窓の種類や洗濯物を干す場所を検討したりする必要があります。また、子供やペットの道路への飛び出しにも注意しましょう。


■防犯性を高めたいならクローズド外構

クローズド外構とは、住宅の敷地と道路との間に塀や門扉などを設置し、明確な境界を作るエクステリアプランです。
外部からの視線をほぼ完全にシャットアウトできるので、庭先で気兼ねなく子供を遊ばせたり、食事を楽しんだりできます。

日本では門扉などを用いて敷地一帯を囲う形が一般的ですが、欧米では背の高い樹木を植えて開放的な印象を与える形が主流です。




1.クローズ外構のメリット

オープン外構と比べて防犯性や安全性が高いのがクローズ外構の特徴。障害物があることで不審者の侵入を抑止できます。
また、基本的に正門を開かなければ出入りができないので、小さなお子様やペットが道路へ飛び出す心配も少ないです。外部からの視線を気にせず、伸び伸びとした生活が送れるでしょう。
さらに、住宅と合わせて外構デザインにも工夫を凝らせば、住み手の個性やセンスを表現することができます。

2.クローズ外構のデメリット

防犯性が高いといっても、不審者の侵入を完全に防げるわけではありません。逆に、塀や門扉を乗り越えられた場合、敷地の外からは死角となってしまうことを念頭に置いておきましょう。防犯カメラの設置などが効果的です。

また、クローズ外構は周囲から見た際に閉鎖的な印象を持たれることがあります。予期せぬトラブルを招かないよう、近隣への配慮もお忘れなく。


■良いとこ取りのハイブリッドタイプ、セミオープン外構・セミクローズ外構

外構にはオープン外構とクローズ外構の2種類がありますが、その双方の長所を複合させたエクステリアプランをセミオープン外構(またはセミクローズ外構)と呼びます。
現在、日本国内で最も多く採用されている形式です。

比較的背の低いフェンスや柵を必要な場所にだけ設置することで、クローズ外構のようにプライバシーを保護しながらも、オープン外構のように開放感を演出する、といった設計が実現できます。




1.セミオープン外構・セミクローズ外構のメリット

外構を設置する分、オープン外構よりも防犯性に優れています。プライバシーの保護についても同様です。それでいて、外構工事も部分的なもので済むためコストも良心的。

そのうえ、クローズ外構ほどきっちりと敷地の内外を分け隔てるわけではないため、ほど良い開放感も演出できます。近隣住民との交流も楽しみつつ、デザイン面で自分らしさを表現できるのです。


2.セミオープン外構・セミクローズ外構のデメリット

2種類の外構プランの特徴を併せ持つセミオープン外構ですが、入念な設計を組み立てなければ、どっちつかずの中途半端な仕上がりになってしまう恐れも。言ってしまえばオープン外構よりも開放感がなく、クローズ外構よりも防犯性や安全性は低いのです。

双方の長所と短所を把握した上で、施行会社と綿密な打ち合わせしましょう。


■まとめ

外構の種類と、それぞれのメリット・デメリットについて簡単にご紹介させていただきました。

住宅だけではなく、敷地全体の設計にも無数の選択肢があります。自分や家族が伸び伸びと健やかに生活できる住まいとは、どのような形なのか。業者も交えてしっかりと話し合いましょう。




■外構工事のご依頼はMafola Gardenまで

外構工事を依頼する際は、業者選びも慎重に。いくつもの選択肢を吟味し、より良い業者を選びましょう。

千葉県千葉市に拠点を置くMafola Gardenでは、今回ご紹介した外構工事はもちろん、造園工事やガーデン工事なども含めた、お庭に関する全ての工事を専門的に展開しています。千葉・東京・茨城の各エリアにて、相談から工事の依頼まで幅広く活動中です。

総合展示場も用意されているので、実際の暮らしを想定しながら見学してみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。