Blog
ブログ

2021/5/6 10:00

ウッドデッキは樹脂製がおすすめ!そのメリットとは?


ガーデニングやアウトドア、読書など、お庭の使い方の可能性を広げられるエクステリアがウッドデッキです。ウッドデッキの素材といえば、天然木や樹脂製(木とプラスチックを配合したもの)などがあります。樹脂製は、人工木や樹脂木など、メーカーによってさまざまな呼び方で呼ばれていますが、ウッドデッキに使うには樹脂製がおすすめなのです。その理由やメリットなどをご紹介します。


■腐食しにくく耐久性が高い



樹脂製のウッドデッキをおすすめするのは、腐食しにくいうえに耐久性が高いことが理由にあげられます。天然木との大きな違いは、菌やシロアリが内部に入り込む心配がなく、腐食しにくい点です。
これによって耐久性が高くなり、初期に起こりがちな軽微な退色はあるものの、経年劣化による色落ちやささくれなどもほとんどありません。天然木に見られるような、湿気による変形も起きずに、長期間にわたって形状を保つことが可能です。防腐剤やシロアリを防ぐ薬剤も不要であり、小さなお子様やペットがいるご家庭にも安心です。

さらに、メンテナンスの手軽さも大きなメリットです。汚れが目立ってきたら、水洗いするか、デッキブラシでこするだけで大抵の汚れが落ちます。落としにくい汚れがあっても、ご家庭に高圧洗浄機をお持ちであればすぐに落とせます。
樹脂製のウッドデッキは、上記のような理由で、天然木に比べて劣化のスピードがはるかに遅いといえるのです。


■天然木だとメンテナンスが大変!



天然木は、自然の風合いや温もりを感じられ、家にいながら自然の雰囲気を味わいたい方に人気が高い素材です。木の種類によって、ハードウッドとソフトウッドに分けることができます。
ただ、天然素材であるからこそ、雨を吸収してしまうと腐食しやすくなる、シロアリの被害を受けやすくなるなどのデメリットがあり、頻繁なメンテナンスが必要となってきます。
ウッドデッキは、室外に設置されることが基本ですが、雨風の影響を大きく受ける場所でもあります。どのメーカーも、耐久性が高い種類の木材を使ったり、防腐剤を注入したりという対策をとっていますが、樹脂製に比べて腐食のリスクははるかに上回ります。木材を保護する塗料で塗装することも多いですが、雨風にさらされると少しずつ剥がれて来るため、再度塗装する必要があります。

さらに、ウッドデッキに付着した砂ぼこりを放置してしまうと、ほこりに含まれる「木材腐朽菌」が木を腐らせる場合があります。天然木が腐食を起こすと、カビの発生につながったり、ご家族の健康に影響を及ぼしたりする恐れもあるため、日頃のこまめなメンテナンスが欠かせません。


■樹脂製でも最近は質感も魅力的に



樹脂製は、原料にプラスチックを含んでいるため、質感に劣ると思われるかも知れません。以前は、天然木は質感に優れ、樹脂製はメンテナンスに時間がかかるとされてきました。
しかし、最近のウッドデッキに使われる樹脂は、リアルな木目や溝などを再現した、天然木に近い質感を持った素材が増えています。さらに、サイズやカラーのバリエーションも豊富で、ご自宅の壁や周辺のエクステリアなどの色やデザインとコーディネートを楽しむことができます。
樹脂は工業製品ですので、天然木と比べて品質や生産量も安定しており、十分満足していただけるような品質になっています。

今回は樹脂製ウッドデッキのメリットについて訴求してきました。ウッドデッキは、頻繁に買い替えることができないため、実物を見て納得されたうえで工事を依頼されるのが安心です。
千葉市のMafola Gardenは、実際に樹脂製のウッドデッキを目で見て、手触りも体感いただける展示場がございます。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。